四季を楽しむのは難しい!?

私たちの住む日本は四季がある国です。

春夏秋冬、どの季節も景色や食べ物などにそれぞれの魅力があって本当に風情のある国だなぁと感じます。

しかし、それぞれ魅力があるということは、それぞれ欠点もあるということでもあります。
特に健康管理という点に置いて四季の変化は、非常に難しい問題になります。
まずは、「暑さ」「寒さ」等の温度変化。→季節や気候の変化への対策

特に、季節の変わり目は温度変化で体調を崩す人も多いと思われます。

もちろんエアコン等で温度管理することはできますが、できるだけ電気代は節約したいものです。
次に、温度変化にともなう、食欲の変化。

夏場は食欲を無くなるので、体調管理が難しく夏バテの原因になってしまいます。

秋になって食欲が増えると体重が増えるので、健康の管理が困難です。
さらに、最近では紫外線だって問題視されてきています。

夏になるにつれて紫外線が強くなるのはもちろんのこと、冬の雪焼けも考えてくてはいけません。

しっかりとした知識を持っていないと、「じゃあ年中日焼け止めをつけてればいいのか!」という話になってしまいます。
こうした環境の変化が心身の負担やストレスになり、健康管理をさらに難しくしてしまっています。

また、一年中同じ対策で健康管理ができればいいのですが、季節とともに環境が変わってしまうため、同じ対策を続けることができないのが最大の問題点とも言えます。
しかし逆に言えば、季節ごとに対策をしっかり取ることができれば、それぞれの季節の魅力の部分だけを感じることだってできるはずです。
温度変化は、「衣服の選択」や「部屋の断熱」である程度抑えられます。

食欲の変化も、「食欲増進法」や「ダイエット方法」等の対策は昔から研究されてきました。

紫外線だって、どの季節に一番多くなるのか、どの季節に肌が弱くなるのかがわかってさえいれば、日焼け止めや日傘等で対応できます。
みなさんも色々な季節対策で健康管理を完璧にして、季節の変化を楽しんでしまいましょう!

 

秋の食欲をコントロール

 

秋と言ったら「食欲の秋」!
お店に行けば、芋、栗、果物や脂ののった魚が並びだし、TVのグルメ特集も本格化してきます。

ついついたくさん食べてしまう危ない季節です。

せっかく水着対策でやせた身体も、これではリバウンドしてしまうことでしょう。
そこで、そんな食欲を上手にコントロールすることで、我慢をすることなくダイエットを実践できる方法を考えていきましょう。
まずは食べ方です。

ポイントは「最初に野菜や海藻を食べる」こと。

日本ではご飯を食べるときは「三角食べ」を教育されますが、それはあえて封印します。

野菜料理だけを先に食べてしまうんです。

野菜や海藻は消化に時間がかかるし、食物繊維も豊富なのでしばらくはお腹がふくらみます。

このことで、高カロリーなものをできるだけ「食べたい」と感じなくなります。

よく噛んで食べる、という方法もありますね。
次は調理法です。

塩分や油を減らすのは当たり前として、もう一工夫してください。

それは、「大きめにカットする」ということです。

よく噛んで食べれば、満腹感の信号が出て、たくさん食べたくなくなると言いますが、大きめにカットすることで、たくさん噛まないと飲み込めないようにしてしまえば、意識しなくてもよく噛むようになるという寸法です。

食欲を無理に抑えると、それがストレスとなり、かえって暴食してしまうことも考えられます。→ストレス食い、過食対策

ちょっとの工夫で、我慢しなくても食欲がコントロールできますので、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか?→肥満治療薬